【クローズアップMUSIC】白塗り系和風テクノバンド「金色」

東京のライブハウスから、「今」聴いてほしい選りすぐりの音楽をCHINTAIチャンネルが発掘!今回は、白塗り系和風テクノバンド「金色」!


2015/12/22

シリーズの動画を見る



Artist Profier
アーティスト名:金色
掲載動画曲:「墾田永年私財法」


遥か昔の江戸時代から400年間、世界の人々に和の心を広めるべく活動してきた和風テクノバンド「金色」。ボーカル・清之進とギタープログラミング・樽兵衛の2人組ユニット。着物に白塗りという出で立ちで、踊れる和風テクノサウンドを目指している。なんとTBS系「うたばん」「U-CDTV」やBS「エンターテイメント・マザーズTV」などのTV出演経験もある注目のバンドだ。曲のテーマは日本史の出来事や律令からとっている事が多く、誰もが聞いたことのあるフレーズを使った耳に残るキャッチーなリズムが最大の特徴。

駆け出しインタビュアー「カミクラ」が行く!
この企画は、アーティストのことをもっと勉強し、もっと音楽の世界を広げたい。もっと多くの方に親しんでほしいという気持ちから音楽初心者のカミクラが、インタビュアーとなり気になることを聞いてみました。


Q1.今回の収録曲は『墾田永年私財法』でしたが、なぜこの曲を選んだのですか?
樽兵衛:日本の歴史の言葉で最も語呂のいい言葉なので、みなさまにもぜひ聴いていただきたくこの曲を選び申した。こんなよい響きの言葉はみなでうたえば盛り上がり、楽しいだろうとロックンロールにしたのでござりまする。

Q2. いつも曲はどのように作るのですか?
樽兵衛:わたしが作詞作曲をいたしまする。
 -収録曲「墾田永年私財法」もそのように作られたのですか?
樽兵衛:この度の曲はこの語呂のよさから空想を膨らませておりましたら、曲も歌詞も天から降りてきたのです。まさに天啓ですな。

Q3.ライブを通して、どんなことを感じてほしいですか?
樽兵衛:我らは常に和の心を世界に広めたいと思い活動しておりまする。ただその「和」と申しますのは、日本という意味だけではござらん。平和の「和」でもあるのですな。合戦の曲をやることはあれども、我らの思いはいつも同じ。人々が笑ってくださる「和」を届けたいのです。

Q4.この曲をどんな方に届けたいですか?
樽兵衛:曲の最後には「大仏さんもなじみがあるさ」 という語呂合わせの歌詞もございまするので、ぜひ年号などを覚えなくてはならぬ受験生に聴いていただきとうござりまするな。また温故知新のひとつとして、日本の歴史が好きな方々にもぜひ聴いていただきたい。
 -では、動画を観たファンの方々にアピールの一言を!
樽兵衛:これからも和の心を届けるため頑張ってまいりまするので、応援の程よろしくお願いいたしまする。

【インタビュアーのまとめ】
インタビュー中も樽兵衛さんのキャラが全くブレず、そのプロ意識に感服いたしました…。ライブ中の2人はかけあいが本当に面白いので、ぜひ現場に来て楽しみたいアーティストです。今回収録した「墾田永年私財法」も中毒性の高い曲ですが、個人的には「テクノ大名」や「あさきゆめみし」もオススメ。今年の年末には池袋で12/31に年越しライブを開催するとのことですので、ご都合の合う方はぜひ行ってみましょう。

  取材・文:カミクラ