【クローズアップMUSIC】弾き語りによる平成のリズム歌謡伝道師「みやじまん」

東京のライブハウスから、「今」聴いてほしい選りすぐりの音楽をCHINTAIチャンネルが発掘!今回は、弾き語りによる平成のリズム歌謡伝道師「みやじまん」!


2015/12/16

シリーズの動画を見る



Artist Profier
アーティスト名:みやじまん
掲載動画曲:「超高速のウカレポンチ」

都内でアコギと歌をメインとして活動している「みやじまん」。ソウル・ジャズ・ブラジル系ラテンミュージックなど多様な音楽のエッセンスを加えた、ループボックスを用いたグルーブ感のあるポップミュージックが特徴。バンド脱退後ソロとして活動する際、アコギ1本での静かな弾き語りは好みでなかったことから今の方法に思い至ったという。活動コンセプトは「愉快にシャレオツ」で、日本語メインの覚えやすい曲名も彼の特徴のひとつ。

駆け出しインタビュアー「カミクラ」が行く!
この企画は、アーティストのことをもっと勉強し、もっと音楽の世界を広げたい。もっと多くの方に親しんでほしいという気持ちから音楽初心者のカミクラが、インタビュアーとなり気になることを聞いてみました。


Q1.今回の収録曲は『超高速のウカレポンチ』でしたが、なぜこの曲を選んだのですか?
みやじまん:ソロで一番長くやっている曲だからですかね。4~5年前に作った曲で、ライブではセットリストの一番最初にやることが多くて、お客さんにも覚えてもらいやすくウケもいい曲というのも理由ですかね。

Q2. いつも曲はどのように作るのですか?
みやじまん:ギターを弾いていたら浮かぶ時と、鼻歌から浮かんだメロディから作る時がります。どちらにしてもメロディが先ですね。

 -収録曲「超高速のウカレポンチ」もそのように作られたのですか?
みやじまん: そうですね、ギターのリフが先にあってそれに合うように歌詞をはめていった感じです。僕はいつも歌詞にあまり意味がなくて(笑)結構勢いのみで作っちゃいますね。

Q3.ライブを通して、どんなことを感じてほしいですか?
みやじまん:変な奴がいるな、楽しい奴がいるなと思ってもらえれば。さっきも言ったように、なにか伝えたい!ってメッセージがあるわけじゃないんです。それよりは娯楽として、その場で楽しんでもらえたらそれでいいや!くらいの気持ちでやっていますね。そんな感じだから、逆に「この曲に勇気をもらえました!」ってお客さんに言われちゃうと困っちゃうかもしれないです(笑)

Q4. 好きなミュージシャンを教えてください。
みやじまん:音楽のジャンルとしてはソウルやポップスも好きなのですが…一番は山下達郎さんですかね。メロディライン、コード進行が好きで、リズムが効いているところも大好きです。

Q5.この曲をどんな方に届けたいですか?
みやじまん:勢いがない人に!(笑)あとはシャレが分かる人、許容量のある人に聴いてほしいですね。今年は1曲くらいしか新曲を作っていなくて…来年はもうちょっと作るつもりですので、ライブにも来てもらえたら。ファンの皆さんも乞うご期待ください!

【インタビュアーのまとめ】
なんと今回はインタビュー中に活動コンセプト「平成のリズム歌謡」の単語が誕生するという、歴史的な瞬間に立ち会ってしまいました(笑)みやじまんさんの作る曲は今回の収録曲「超高速のウカレポンチ」を始め、「Hでゴメンね」「とにかく塁にでなくちゃ」など絶妙に覚えやすい言葉選びが特徴的。これもライブや音楽での娯楽性を追求した結果なのかもしれません。とても1人のステージとは思えない、グルーブ感のあるステージ作りは必見!

  取材・文:カミクラ