【クローズアップMUSIC】優しい歌声の恋愛系ソングシンガーソングライター「森かおり」

東京のライブハウスから、「今」聴いてほしい選りすぐりの音楽をCHINTAIチャンネルが発掘!今回は、優しい歌声と情景豊かな歌詞が魅力のシンガーソングライター「森かおり」!


2015/12/9

シリーズの動画を見る



Artist Profier
アーティスト名:森かおり
掲載動画曲:「12ミリグラム」

都内近郊のライブハウスや路上でのフリーライブで活動しているシンガーソングライター「森かおり」。楽曲のジャンルはポップス、アコースティック。ギター1本で歌うことも多い彼女だが、サポートで他の楽器と一緒にステージに立つことも。今回の収録ではピアノが入っており、歌声の透明感をさらに引き立っている。人物の心の動きや情景を丁寧に描く歌詞は、特に女性が共感しやすい内容となっている。森かおり渾身の少し切ない恋愛ソング「12ミリグラム」はファーストシングルCDとしてライブハウスや路上で発売中。

駆け出しインタビュアー「カミクラ」が行く!
この企画は、アーティストのことをもっと勉強し、もっと音楽の世界を広げたい。もっと多くの方に親しんでほしいという気持ちから音楽初心者のカミクラが、インタビュアーとなり気になることを聞いてみました。

Q1.今回の収録曲は『12ミリグラム』でしたが、なぜこの曲を選んだのですか?
森:私のファーストシングル曲なので、よりたくさんの人に届けたいと思い選びました。ピアノのサポートの方と2人でステージに立つのはあまりやらないスタイルなのでぜひ見てほしいです。

Q2. 曲はいつもどのように作るのですか?
森:生活の中にあるワンフレーズからイメージを広げていくことが多いですね。そこから先は曲を全部作ってから歌詞に取り組んだり、ざっくり歌詞ができてから作曲したり。いろいろです。

Q3.ライブハウスと路上ライブ、どちらでも活動してらっしゃいますがどのような違いを感じていますか?
森:そうですね、ライブハウスへはお客さん全員がお金を払って来てくれているわけですから「魅せる」歌や演奏を心がけています。逆に路上ライブで大切にしているのは「生音」感でしょうか。マイクを使わずに歌っているのもあるので、距離の近さを感じてほしいです。

 -なるほど。森さんがライブで一番感じてほしいことは何ですか?
森:どんな形のライブでも演奏を楽しんでもらって、歌が励みになれば一番です。

Q4. 好きなミュージシャンを教えてください。
森:柴田淳さんや中村中さんが好きです。高校から聴き始めたのですが、どちらのアーティストさんも暗めの曲が好きで(笑)なんだか言葉(歌詞)が自分にハマったように感じて、よく聴いていました。曲調はかなり影響を受けたと思います。

Q5.この曲をどんな方に届けたいですか?
森: 恋愛の曲なのですが、元気のない時にすっと心に入りやすい曲になっていると思います。また次の日やっていけるかもと思えるような、前向きな気持ちになってもらえれば。今後は、今リリースしている曲とは全く違うアレンジを加えた曲作りにも挑戦したいです!

【インタビュアーのまとめ】
情景や人物の気持ちの動きが細やかに想像できる歌詞が印象的な森さんの曲。森さん自身は気さくで小柄な方で、インタビューしている時は「この身体のどこからあんな伸びやかな声や力強さが…?」と思ってしまうほど。この収録の日も、ライブハウスのあとに路上があるとお話ししていた森さん。…精力的すぎる…すごいです…。タバコを吸う恋人がいる方には特に共感できる歌詞が多い「12ミリグラム」。何度でもじっくり楽しみたい、オススメの“スルメ曲”です。

  取材・文:カミクラ