【クローズアップMUSIC】R&Bのメロディ×優しい歌声!シンガーソングライター「タクイチ」

東京のライブハウスから、「今」聴いてほしい選りすぐりの音楽をCHINTAIチャンネルが発掘!今回は、優しいR&Bのメロディと歌声が魅力のシンガーソングライター「タクイチ」!


2015/11/18

シリーズの動画を見る

Artist Profier
アーティスト名:タクイチ
掲載動画曲:「コトバナ」

約7年半勤めた会社を退職し、2012年から音楽の世界に本格的に取り組みはじめた脱サラシンガーソングライター「タクイチ」。アーティスト。キーボードでの弾き語りや、バックソングで歌を聴かせる表現を中心に、東京都内のライブハウスで活動中。お客さんには、レストランやバーで聴くような、気構えのないゆったりした気持ちで音楽を聴いてほしいとのこと。今回収録したのは、自身の家族の結婚に際して作ったというタクイチなりのウェディングソング。

駆け出しインタビュアー「カミクラ」が行く!
この企画は、アーティストのことをもっと勉強し、もっと音楽の世界を広げたい。
もっと多くの方に親しんでほしいという気持ちから音楽初心者のカミクラが、インタビュアーとなり気になることを聞いてみました。

Q1.今回の収録曲は『コトバナ』でしたが、なぜこの曲を選んだのですか?
タクイチ:一番新しい曲なので。どういう曲かは…そうですね、新しくスタートを切る人におめでとうって気持ちを込めました。

Q2.普段、曲はどのように作りますか?
タクイチ:音から作ります。道を歩きながらでもメロディが出てきたら、アイデアメモのためにその場でiPhoneで録っているのですが…全然知らない人から見たら怪しい人ですよね!(笑)でもそういう、ふとした瞬間にメロディが浮かぶことって結構多くて。ちゃんとした曲になってないものはもう400曲くらいあります。僕にとってのiPhoneはネタ帳ですね。

 -今回の収録曲『コトバナ』も同じように作ったのですか?
タクイチ:『コトバナ』は伝えたいメッセージ、詞から作りました。実は、僕の妹の結婚に合わせて作った曲です。小さい頃からずっと見てきた妹が、成長して家を出ることになって…僕はもちろん親ではないですけど、兄としてそれなりに思うことはあって。新しくスタートする人のために、おめでとうって気持ちを込めて作りました。

Q3.好きなミュージシャンは誰ですか?
タクイチ:ブルーノ・マーズや、スティービー・ワンダーです。70年代~80年代のテイストが好きなので。音楽やライブ自体に影響を受けた人は、日本に毎年来る人なのですけどR&BのJoeですかね。

Q4.ライブを通して伝えたいこと
タクイチ:生きていれば日々いろんな感情が湧いてきますよね。いい感情も、悪い感情ももちろん。そういう気持ちは曲を聴いている間だけは忘れて、明日からまた頑張ろうって思えるようになってほしいですね。

Q5.この動画を見てほしい方にアピールの一言をお願いします!
タクイチ:曲の内容が内容なので(笑)自分の周りに結婚する人がいる方に聴いてほしい。兄から妹を見送る気持ちを歌っているので、歌詞がバッチリ気持ちにハマることは少ないかもしれませんが…親しい人が結婚していく寂しさや嬉しさは見送る側に共通するものだと思います。あと僕自身の表現でいうと、歌が僕のウリなのでとにかく歌声を聴いてほしいですね!

【インタビュアーのまとめ】
R&BやPOPSが音楽の中心ですが、タクイチさん自身は「自分の中に枠を作りたくないのでジャンルにはこだわらない」とおっしゃっていたのが印象的でした。今回の収録曲はウェディングソングなので、タクイチさんの持ち曲の中でもしっとり聴かせるタイプの楽曲。ライブでは全く雰囲気の違う曲も披露していたので、ぜひ生のタクイチさんも堪能してほしい!

 取材・文:カミクラ